ブログ

ブログ

「歩く」でコロナ時代を乗り越える! 〜身体と考え方の両輪をつくる〜

 

こんにちは♪

アスリートウォーキング マスター講師 綾川奈歩です。

本日は私が担当いたします!

 

 

私は、25歳のある日、

突然の背中の激痛で病院通いと

なったことがきっかけで

ウォーキングと出会いました。

 

 

それからというもの、ウォーキングのおかげで、

 

✔︎約1年間で13kgのダイエットに成功

✔︎背中の痛みや腰痛、肩こりなどから全て解放

✔︎長年悩みだったO脚が治った

 

ということが起こりました。

 

 

そんな経験から、ウォーキングの素晴らしさ

多くの方に知っていただき、

私のように辛い思いをしている方を

一人でもサポートしたいという思いで、

活動しております。

 

 

そんな私が本日お伝えしたいのは、

真の「健康な『身体の状態』」

についてのお話です。

 

 

皆さんは、真の「健康な身体の状態」とは

どのようにイメージされるでしょうか。

 

 

今般の新型コロナウイルスによって、

より皆さんの意識が高まっている「健康」や「免疫力」

 

 

ともすれば、「不具合がない完璧な身体」

目指してしまいがちですが、

 

 

私は、みなさまには「健康な『身体の状態』」

目指していただきたいと考えています。

 

 

身体の調子も目の前の状況も、

一つとして、完璧なもの、同じものはなく、

日々変わりゆくものです。

 

 

そんな状況に一喜一憂するのではなく、

日々気持ちを安定させ充実感を感じられる

「考え方」を持ち、

 

 

「身体の健康」と「考え方の健全さ」の

両輪によって、

「健康な『身体の状態』」をつくること

が大切だと考えています。

 

*このようなイメージで、両輪のバランスが大切ですね。

 

「健康な『身体の状態』」をつくるためには、

「気持ちよく感じられる程度」の適度な運動が必要です。

 

 

適度に身体を動かすことで、筋肉がつき、

体力ができ、体温が上がり、免疫力も上がります。

 

 

さらには、身体から脳へ働きかけて、

「幸せホルモン」と呼ばれる物質を活性化させ、

「考え方」を前向きにする手助けしてくれます。

 

 

この「適度」とは、日々変わる体調や年齢に

合わせられる運動が望ましく、

 

 

アスリートウォーキングでは、

心拍数を指標としているため、それが可能です。

 

 

今このような状況下で思い出されるのは、

私が入社する直前に起きた2008年のリーマンショック、

そしてさらにその3年後の東日本大震災。

 

 

当時も「これまでに経験したことがない」「未曾有の」

事態に私たちは戸惑い、先行きの見えない現実に、

これからどうなっていくのだろうと

非常に不安な日々を送りました。

 

 

そして今また、私たちは、

誰も経験したことのない事態を経験しています。

 

 

こんな時だからこそ1番大切にしていただきたいことが、

「健康な『身体の状態』」なのです。

 

 

いつの時代も私たちは目の前のことと向き合い、

立ち上がってきました。

 

 

こんな時だからこそ、

とりまく状況に左右されない

 

「身体の健康」と

「考え方の健全さ」を

自分自身でつくり、

 

あなた自身が本来持つ力を発揮し、

この事態を乗り越えていく。

 

 

 

そんなお手伝いが出来るよう、

これからも精一杯力を尽くします!

 

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

☆綾川奈歩 個人ブログ

「『歩く』ことで身体が変わって、考え方が変わって、人生が変わる!」