about

協会について

代表理事よりご挨拶

アスリートウォーキングとは…

スポーツのための運動と健康のための運動は全然違うということを学びました。

アスリートウォーキングは健康のための運動理論。

この違いを明確にするために、人によって設定が違う心拍数を指標に、

健康のための運動を行います。

運動が苦手な人ほど効果が高く、楽だから今すぐにでも取り組める運動。

さらには、過去に怪我をしたランナーが、
マラソンのためではなく健康のためにジョギングを実施する時にも、
膝や腰に負担がかかりにくい最新のフォーム理論もお伝えしています。

生涯出来る適度な運動を、
理論と実技でお伝えすることがアスリートウォーキング認定講座となります。

社団法人設立初年度には、
健康ダイエット理論、アンチエイジング理論が評価され、
協会アワードにおいて最優秀新人賞を授賞、
2017年には教材開発部門賞を受賞し2年連続の受賞し、
ますます注目が集まっています。

協会理念である
”親子三代の元気を応援!”に向け、
全国50人の認定講師がアスリートウォーキングをお伝えしています。

代表理事プロフィール

石部順一(いしべ じゅんいち)
一般社団法人日本アスリートウォーキング協会
代表理事

1973年生まれ、大阪府出身。

経営者の思考と心身状態をマネジメントする専門家。

コーチングとアスリートウォーキングを併用し思考と体を最高の状態にして目標達成に導くことを得意とする。

高校卒業後、専門学校にてFA(ファクトリーオートメーション)を学び製造業に就職。
FA、設計、チームマネジメントに12年間従事する。
成果主義企業において入社後4年間で3段飛びの昇格。組織マネージメントに8年間従事。

在職中に九州大学中核人材育成講座を修了。

目標達成の技術、コミュニケーションスキルを幅広く学ぶためコーチングカレッジへ入学。

個人や企業を対象に多数のコーチングやセミナーを実施。
これらの経験から人の自信や見た目が変化する姿に感動し
「日本の大人に元気を取り戻します!」とミッションを掲げ起業を決意。

20年間のサラリーマン人生に終止符を打って起業の道へ。

20年間習慣にし、ライフワークである心拍を指標としたウォーキングを
目標達成コーチングに組み込み、クライアントの脳と体を最高の状態にして目標達成に導くことを得意とする。

クライアンが綺麗になり自信がつく事が喜び。

現在は、運動が苦手な人が習慣化でき、ダイエットやアンチエイジングに効果がある、
心拍数を指標としたウォーキング「アスリートウォーキング」を開発し、
多くの人に普及すべく一般社団法人日本アスリートウォーキング協会を設立。

資格発行システムを構築し認定講師育成に従事する。

法人設立初年度には、健康ダイエット理論、アンチエイジング理論が評価され、
協会アワードにおいて最優秀新人賞を授賞、
2017年には教材開発部門賞を受賞し2年連続の受賞となり、
ますます注目が集まっている。

趣味はウォーキング、スキー、サーフィンなど運動と読書。

認定講師の紹介

田尻 紋子

講師名 田尻 紋子 (たじり あやこ)
活動
エリア
福岡県
北九州市
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(0期生)
スキル エスティシャン
facebook 田尻紋子facebookページ

– 講師より一言 –

私はエステティシャンとして、約2年間、美容と痩身のお仕事をしてきました。お客さまそれぞれに太る理由があり、お一人ずつカウンセリングをしながら、その方にあった方法で二人三脚でやってきました。

しかし、お客様によっては無理な食事制限で、短期間で体重を落とそうとされる方もいらっしゃいます。
それは結果的に、リバウンドを繰り返すことになり、逆に代謝が落ち、余計に太りやすい体質になってしまいます。
目先のダイエットではなく、5年、10年、一生を通して健康的で美しい体作りを提案したいと思っていた時にアスリートウォーキングに出会いました。

アスリートウォーキングは運動による代謝機能の向上と脂肪燃焼が期待できます。しかも長期的に続けることができるので、理にかなっています。

また、メンタル面にも作用します。

精神的に安定しイキイキしている人は、表情、肌、使う言葉にも心の状態が必ず現れるものです。
美容と痩身に運動を取り入れたトータル面でバランスの良い“内と外の美”の追求をめざしています。

大沢 知子

講師名 大沢 知子 (おおさわ ともこ)
活動
エリア
関東エリア
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(0期生)
メンタルヘルスマネジメント検定試験合格
facebook 大沢知子facebookページ

– 講師より一言 –

もともと走ることが好きでマラソン大会にも参加していましたが、たまたま知人からアスリートウォーキングの話を聞き、走る知識を深めたり走力アップに役立ちそうだと感じて認定講師になりました。

認定講師資格取得後は、心拍数とフォアフットを意識したアスリートウォーキングが毎朝の日課となり、今までのランニングでは得られなかったアスリートウォーキングの楽しさを日々実感し、この楽しさを多くの人に伝えたいと思っています。

これからの抱負は、関東でアスリートウォーキングの知名度を上げていくことです。

関東エリアにお住いのみなさん、一緒にアスリートウォーキング楽しみましょう!

秋山 博美

講師名 秋山 博美 (あきやま ひろみ)
活動
エリア
関西エリア
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(0期生)
P.A.I(ピラティスアカデミーインターナショナル)認定インストラクター
ビューティーペルヴィス認定インストラクター
facebook 秋山博美facebookページ

– 講師より一言 –

30代に入った頃、何か変わらなければ!何か始めたい!
と思いヨガ・ピラティスを始めました。
その頃から体を動かす事で気持も安定するような気がしてましたが
それが何かなのかはよく分かりませんでした。
そしてアスリートウォーキングに出会い体と脳と心の関係を知り
実際に試してみると色々な事が解決しやすくなるような、
毎日の質が上がるようなそんな《いい状態の自分》を体感することができました。
何か変えたい、変わりたい、何かすっきりしない時
そんな時にも何かを解決するツールのひとつとして
アスリートウォーキングがあるのかなと思っています。
体を動かすことで心も変わる!!を体感してもらいたいと思っています。
今後、多くの人の何かきっかけになることができればいいな。。と思っています。
これからの豊富としましては、やはり多くの人にアスリートウォーキングを
知ってもらえるように活動をしていくことです!

 

山上 昌代

講師名 山上 昌代 (やまがみ まさよ)
活動
エリア
近畿地方を中心に全国どこでも。
海外での講座開催も承ります。
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(0期生)
NPO法人日本セラピスト認定協会 認定整体セラピスト
色彩心理学者 末永蒼生「色彩学校」認定講師
メンタルコーチ(法人企業研修、企業市民講座、教職員研修会、大学学生相談室など講演多数。)
facebook 山上昌代facebookページ
ホームページ Clarie(クラリエ)
“クラリエ”でnet検索してみてくださいね♪
ブログ クラリエまさよのホームセラピストのすすめ♪
mail masayo@clarie.net

– 講師より一言 –

メンタル&ボディケアサロン・“Clarie”のオーナーセラピストとして大阪を拠点に活動しています。
わたし自身の心身不調を“セルフケア”で克服した経験から、その大切さを提案し実践いただいてます。さらに、心・体・美のステージアップをフルサポートしています。

 

“アスリートウォーキング”にピンときて、学びました。

 

無理なく、楽しく続けらるので、体・心、そして脳がクリアになる感覚が大好きです♡アスリートウォーキング×コーチング(メンタル&フィジカル)で、セルフイメージを高めて、人生をクリエイトするお手伝いを展開しています。

 

認定講師に実際になってよかったことは、実際にアスリートウォーキングを始めたお客様がスリムになり、自信ある姿に変わったこと、なかなか一歩を踏み出せなかった方が、転職や引っ越しをされたことです。
いずれの方もご自身が望む方向へと人生をシフトされ始めました!
嬉しいことに、多くのお客様がアスリートウォーキングのトレーナー資格を取得されました。その方々と一緒に活動しています。
また、全国に同じようなトレーナー仲間ができました。輪の広がりを共に喜んでいます。
これからの豊富は、海外での講座の開催!親子で、パートナーと、ファミリーで、同僚と…コミュケーションを深めてもらえるアスリートウォーキング講座やイベントの開催です。
企業に“ストレス度チェックの義務化”が始まります。今後、健康経営が、ますます課題になります。
今までも『オフィスでできるボディケア・レッスン』など企業様から多くの講座ご依頼をいただき提供してまいりました。
これからは、“アスリートウォーキング”をそれに加え、社員様の心・体・脳の状態向上のため、お役に立ちたいと思います。

才木 眞理子

講師名 才木 眞理子 (さいき まりこ)
活動
エリア
福岡県
北九州市
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(1期生)
日本メンタルヘルス協会公認 心理カウンセラー
コーチングカレッジ養成講座修了
日本ヨガインストラクター養成スクール指導者養成アドバンスコース修了
リーダー研修・理念塾
facebook 才木眞理子facebookページ

– 講師より一言 –

「運を動かす」と書いて運動。
ガンで3か月の余命宣告を受けつつも「良くなるに決まってる」と、ヨガで体を整え3年余りが経過。
もう大丈夫と仕事に励みつつも、ここ一番で無理が効かない現実を自覚。

「体力をつけたい」と、夏から始めたアスリートウォーキングで、なんと秋には気力・体力が病気前に完全復活。

~これならば、何だって出来る!~
この実感と変化を伝えたい。広げたい。
「世界を元気にする」を信条に熱く活動中。

 

一緒に歩きましょう。のろのろ走りましょう。
体と心が本来の姿に戻れば、私たちは何だって出来るのです。
運は自分で動かす事が出来るのです。

 

メンタル&Body元気な未来を共に作るコーチ

– 経歴 –
広告代理店・企画室室長を経て、グラフィックデザインと企画事務所「プランニングスペース空知」を主宰。

 

嶺川 博

講師名 嶺川 博 (みねかわ ひろし)
活動
エリア
福岡県
福岡市
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(1期生)
スキル ヤマトどらごん合同会社代表社員
(財)福岡県中小企業振興センター登録プロコーチ
平尾八幡宮総代
facebook  嶺川博facebookページ
ブログ  嶺川博ブログページ

– 講師より一言 –

社長コーチング、コンサルティング、企業研修講師として福岡を拠点に活動をしています。

人前に出る機会も多いのですが、数年前からポッコリとしたお腹が目立ち始め、妻やお客様からも指摘され
とても気になっていました。

若い頃にヒザを痛め、ジョギングは無理と思っていたのですが、このアスリートウォーキングの走り方を知り、
「これなら大丈夫かもしれない」と思いすぐに学んで走り始めました。

すると何と3週間で3kgの減量に成功しました。

サラリーマン時代、成績が上がらなかったり、上司とのトラブルなどあるとよくお酒を飲んでストレスを発散していました。

でもそれは根本的な解決になっていません。

アスリートウォーキングは、経営者、管理職、サラリーマンを含め、全ての人たちのストレス軽減や健康に最適です。

今後は心理・メンタル面からのサポートと、体(ボディ・フィジカル)面からのサポート、両方からのアプローチで心身ともに健康な人たちの輪を企業様、日本中、世界中に広げていきたいと考えています。

小林 桃子

講師名 小林 桃子 (こばやし ももこ)
活動 エリア 山口県
福岡県
資格  一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(1期生)
facebook 小林桃子facebookページ

– 講師より一言 –

私には娘が一人います。
この子が生まれ母親になった時からずっと子育てに悩んできました。

本来は、のびのび自由に育って欲しいと願っているにもかかわらず、我が子に期待をしてしまう。
学校の成績、水泳のタイムなど。ついつい、ほかの子と比べて口出してしまう。
そんな態度が娘を追い詰め、同時に私自身を責めていました。

7年前、地元での記念のマラソン大会があり、初マラソンに挑戦しました。
それまで走ったことはありませんでした。

しかし、なんとか完走したいという思いにかられ、毎日少しずつ、まずはウォーキングから、
そしてゆっくりジョギングからはじめました。
そして、いよいよスタートラインに立ったその時、私の中に小さな自身が生まれました。

あきらめずに練習をつづけられたことに対して心から嬉しかったのです。
その時を機に、走ることで自信も持つことができ、いまでは自分の支えとなっています。
いまではフルマラソンに定期的に参加するまでになりました。

今年の夏にアスリートウォーキングに出会いました。
もっと早く出会っていたら、楽に走ることを習慣にできたのにと思います。
“子育てに悩みをかかえているママへ”

「歩く気持ちでちょっとだけ走ってみませんか?」

走ることで自信を手に入れ、スッキリ気分転換ができるようになりませんか。

ママが笑顔になり子供に対する接し方が変わることで、子供も笑顔になる。

そんな世の中になればいいなと活動しています。

「世界平和」が合言葉です。

吉留 健次

講師名 吉留 健次 (よしどめ けんじ)
活動
エリア
九州地方を中心に全国各地対応
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(0期生)
日本伝統療法全課程修了
動体療法基礎・応用修了
KenYamamotoテクニックベーシック、アドバンス修了
日本痩身医学協会ヘルシー耳ツボダイエット認定
スキル 整体・カイロプラクティック師
オウリキュロ・ナチュラルダイエット(耳つぼ)セラピスト
ホームページ  カイロプラクティック よしどめ整体院

– 講師より一言 –

鹿児島で整体師をしています。
身体の不調を訴えて来られたお客様が元気になってくると、運動を始めて身体を壊してまた整体にやってきます。

身体の状態をよく見てみると、足の使い方、運動の仕方など、身体の使い方が良くないことが原因となっていることが多いです。それを解決するためにどのようにすればいいのだろう?と探していたところ、出会ったのが「アスリートウォーキング」でした。
現在、身体の正しい使い方、知識的なものも知っていただきたくて講座を開催しています。
アスリートウォーキングの講座を受講されたお客様からは、
「痩せました」
「フルマラソンのタイムが上がりました」
「夫婦で運動するようになって、会話が増えました」
など、たくさんの喜びの声をいただいたり、お客様が元気に前向きになっていくのを感じています。
みなさまが健康で笑顔のある生活を送れるお手伝いができたらいいな、と思っています。

 

谷本 たまみ

講師名 谷本 たまみ (たにもと たまみ)
活動
エリア
九州を中心に全国
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(0期生)
税理士
facebook 谷本たまみfacebookページ

– 講師より一言 –

税理士として20年以上中小企業の経営者の方々と一緒に経営に関わらせていただいています。

今、地方経済は厳しい環境からなかなか抜け出せない状況にあり、特に、中小企業の業績の良し悪しが明確になってきているように思われます。

要因としては、時代や社会の状況の変化の速さや、各会社が持っているリソースなど様々です。
しかし、大きな要因として、社長のマインド、考え方、価値観にあるのではないかと考えます。

つまり、中小企業は社長個人の力量に頼っているところが大きく、社長の経営判断が会社の存続を左右しかねないからです。

重要な意思決定の際に、お金や営業などに関する情報が大切なことは勿論です。
しかし、様々な情報を受け取り思考して判断する際、最も重要な事は、実は社長の心身の状態ではないかと考えるに至りました。

心身状態とはすなわち、心・脳・体の状態で、常に良い状態にしておく。
これこそが、ベストな経営判断に繋がるのではないかと今では思っています。

運動をすることによって、脳を活性化させ、経営者のメンタルとフィジカルが健康で
ともにバランスのとれた状態で経営判断をする。
これにより、お客様、スタッフの幸せを実現できる。
ひいては、社会の幸せ度をアップすることになると信じています。

また、従業員の健康も考え、心身ともに良い状態となり業績があがり、幸せ度がアップすることも目指します。

私は、走ることが大嫌いでした。

アスリートウォーキングを始めたことで、私自身の幸せ度はかなりアップしました。
運動を習慣化することで、心・体に良い影響が現れることを学習しました。
また、メンタル・脳の状態を良くするためには運動をすることが効果的であるという体験を通して、運動に対する考え方が180度変わり、パラダイムシフトが起こりました。
「人生は心ひとつの置きどころ」と中村天風先生も言われています。

心が変われば人生も変わります。

アスリートウォーキングで幸せを感じる心・脳を育てる良い運動習慣を広めて、
より幸福な社会の実現を目指して活動していきたいと思っています。

Satomi

講師名 Satomi
活動
エリア
九州地方を中心に西日本近辺
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(2期生)
日本ヨガインストラクター
管理栄養士
ブログ YOGA STUDIO 『co・co charm 』
facebook Satomi facebookページ

– 講師より一言 –

『笑顔あふれる未来のために』
~体・心・脳を輝かせるセルフケアのすすめ

ヨガのインストラクターとなり、7年目を迎えました。

ヨガは、体と心の支えとなります。

健康で幸せな生活を送るためには『セルフケア』が大切という事をお伝えしたく日々活動をしています。

社会人になって8年程、管理栄養士として病院に勤務していました。主に生活習慣病の患者様への栄養指導を行い、疾病の予防、健康維持の大切さを痛感していました。

しかし出産後、初めて育児と向き合い、食に関しては自信があるものの、上手くいかない事が多く、例えば、周りのママと自分を比べては悩み、心も体もボロボロになっている事にうすうす気付いていました。

ある日、抱くことすら出来ないほど訳も分からず泣きわめく我が子を目の前にして、苛立ちのあまりタンスの引き出しを蹴って壊してしまいました。

その瞬間、自分の中にある問題(家族との関係、自己肯定感の低さなど)に気づきました。

私にとってのパラダイムシフト・・・

それからは、子供と向き合うたびに突き付けられてくる自分を見つめ直す日々。

そんな中で、出産前はジョギングやジムで汗を流し気分転換していた事を思い出しました。また同じタイミングで、学生時代の友人が子連れヨガのクラスを始める事を知り、子供がいても体を動かせる!と、すがるような思いで飛び込みました。

これが私とヨガの出会いとなりました。

レッスンに通いながら、体の調子が整っていきます。同時に、周りと比べず無理なく自分と向き合う事で、メンタル面でもセルフケアができていくのを実感。

子供と一緒に笑顔で過ごせる時間も増えていきました。「子は親の鏡」、母の心のありようを子供は敏感に感じ取るものですね。

生徒さんからは、「レッスンに来ると楽になる」「家族に優しくなれる」など嬉しいお言葉を頂きました。笑顔で帰られるお姿に私自身が一番癒され感謝する日々へとなりました。

反面、生徒さんたちが日常生活に戻られ、翌週のレッスンにいらっしゃる頃には体はカチコチに。ご自宅で思い出しながらヨガをしてみても、私に誘導されながら動く時のような気持ち良さを感じられないと言う声も耳にしていました。

もっと簡単で習慣になりやすいセルフケアはないものかと試行錯誤の結果、辿り着いたのが『アスリートウォーキング』。

アスリートウォーキングでは、ヨガと同じように無理なく動くことで体・心・脳のバランスを整えることが出来ます。

歩く事は、日常生活の中で移動する時の基本的な動作。また、足は第二の心臓とも言われ、東洋には「老化は足から」という諺があります。西洋にも「二本の足は二人の医者」という諺があります。

一人は循環器系の専門医、もう一人は脳外科医。
二本の足で歩いて、心臓も脳も元気になれば自然と心も元気になります。
まさに『セルフケア』です。

アスリートウォーキングで足を動かし、ヨガで体の軸を整えしなやかにすることで、心・体・脳の自分史上、最高の状態を感じることができます。

アスリートウォーキングとヨガの相乗効果で
『私達の将来も、子供達の未来も、幸せな笑顔が溢れるように!』
親から子へ、子から孫へと受け継がれるようなセルフケアをお伝えしていきます。

坂上 真由美

講師名 坂上 真由美 (さかうえ まゆみ)
活動
エリア
近畿地方
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(2期生)

 

大安 綾乃

講師名 大安 綾乃 (だいあん あやの)
活動
エリア
長崎県
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(2期生)

前田 芳乃

講師名 前田 芳乃 (まえだ よしの)
活動
エリア
九州を中心に全国
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(2期生)
薬剤師
ダイエットアドバイザー(日本心体脳育成協会)
スキル (有)みこと調剤薬局 代表取締役
facebook 前田芳乃facebookページ

– 講師より一言 –

薬剤師として34年、健康、病気、生活、沢山の方とお会いして

色々な事に携わってきました。

健康の素晴らしさはその度に実感、体感してきました。

食事指導、運動指導、メンタル面の相談を沢山受けてきました。

アスリートウォーキングの理念は、今までやって来た指導の要素を全て持ち合わせています。

親子三代の元気を応援できる、理に適った健康法だと思います。

現在、体験会で指導した方々から効果が出ていると報告を頂いています。

目的は人様々ですが、ダイエット、持久力が上がった、筋力が付いた…など。

此れからも指導の範囲を拡げ、健康人口を増やして行きます。

大塚 歩

講師名 大塚 歩 (おおつか あゆみ)
活動
エリア
近畿地方
資格 一般社団法人日本アスリートウォーキング協会®
認定講師(0期生)